HOME > 企業情報 > CEOメッセージ

CEOメッセージ

あらゆる情報が、それぞれ複雑に繋がり有機的に進んでいこうとしています。
もはや単体、クローズで存在するものは無い、と言える時代では無いでしようか。
このような現代、Blue Planet-worksは、
サイバーセキュリティの世界だけで、そのテクノロジーを駆使するのではなく、もっと広い世界に提供したいと考えています。
今後、広がっていくシェアリングエコノミー、IoTなどのConnected World。
人と人、モノとモノ、そして人とモノの情報に安心・安全・信頼の基盤を提供します。
そして、この安心・安全・信頼という何物にも代え難いこれからの時代の財産を基本にBlue Planet-worksはデジタルの世界だけではなくリアルな世界にも進んで行きたいとも考えています。
社会の一助となる企業を目指します。

人を中心に捉えた豊かな世界。Blue Planet-worksが指しているのは、そんな世界です。

2017年9月
代表取締役 中多広志

事業コンセプト

あらゆるものがつながる世界
Connected Worldとサイバーリスクの脅威

テクノロジーの進化・発展と共に、インターネットにつながるモノ、IoTデバイス数は増加の一途をたどっています。5G時代の到来により、IoTデバイス数の増加は加速化し、日常生活に欠かせない身近なものとなり、あらゆるモノがつながる世界~Connected World~での生活は便利になります。
一方で、Connected Worldでは、IoTデバイスとともにサイバー攻撃のリスクが生活のあらゆるシーンに浸透します。サイバーリスクは大量破壊兵器(核兵器・化学兵器・生物兵器)に匹敵する新たな脅威となると予想されます。

サイバーセキュリティの考え方の根本的な見直しの必要性

サイバーリスクという社会的課題に対し、これまでのサイバーセキュリティテクノロジーには、二つの問題がありました。

  1. 多大な労力と費用をかけているにもかかわらず、過去の脅威情報に依存することから、100%防御にはならないこと。
  2. これからはPC等だけでなく、あらゆるIoTデバイスを守らなければならないこと。

サイバーセキュリティの考え方の根本的な見直しが必要です。

Blue Planet-worksのセキュリティソリューション「AppGuard」・「TRUSTICA」

Blue Planet-worksは2つの製品ポートフォリオ、外部からの脅威からPCサーバー等を衛るOSプロテクトソリューション「AppGuard」、そしてConnected Worldでの安全・安心をまもるセーフティプラットフォーム「TRUSTICA」のご提供を通じて、Connected Worldの社会基盤である「安全」と「信頼」を確立します。

Quotes

“AppGuard should be on every Windows system in the world.”

AppGuardは世界のあらゆるWindowsシステムに導入されるべきだ

Robert Bigman, Former CISO (Chief Information Security Officer), CIA

“AppGuard should be your first and main line of defense in an increasingly dangerous cyber and human threat environment.”

AppGuardは増大するサイバー攻撃の脅威に対して、あなたにとって最初の、かつ主要な防御線となるべきです

Mark Kelton, Former Deputy Director, National Clandestine Server for Counter Intelligence, CIA

“Ensuring secure communications using mobile devices is a daunting challenge as we enter the 5G world. TRUSTICA answers that challenge.”

5Gの世界では、モバイルデバイスを通じたコミュニケーションの安全を確保するのは困難な挑戦だ。TRUSTICAはその答えである。

Mark Kelton, Former Deputy Director, National Clandestine Server for Counter Intelligence, CIA

“AppGuard is the technology I trust to keep my machines safe and my communications private.”

私が信頼するテクノロジーAppGuardは、私が使用する機器の安全を確保し、私のコミュニケーションのプライバシーを守っている。

Congressman Mike Rogers (Ret.) Former Chair of House Intelligence Committee

“Anyone serious about securing their conversations and protecting their people and data should be using TRUSTICA Mobile. The plethora of ‘secure’ apps out there don't measure up in terms of security, usability, and privacy - the rarest of commodities these days.”

安全な会話、個人情報、そしてデータの保護を真に求める人はTRUSTICA Mobileを使うべきだ。今日のセキュアコミュニケーションアプリは、“セキュリティ“、“使いやすさ“、“プライバシー保護“の点でTRUSTICA Mobileにはかなうものはない。TRUSTICA Mobileは最も優れた製品である。

John Mullen, Former Assistant Director at CIA and senior executive at FBI

政府機関等の対策ガイドラインに準拠

AppGuardは日本政府の内閣サイバーセキュリティセンターから2018年7月25日に公布された「政府機関等の対策基準策定のためのガイドライン」に準拠しています。

NISC(内閣サイバーセキュリティセンター) H30年7月25日公布 P.204 - 206 より

6.2.2 不正プログラム対策
6.2.2(1)-1 情報システムセキュリティ責任者は、不正プログラム対策ソフトウェア等の導入に当たり、既知及び未知の不正プログラムの検知及びその実行の防止の機能を有するソフトウェアを導入すること。
解説
例えば、シグネチャに依存せずにOS のプロセスやメモリ、レジストリへの不正なアクセスや書き込みを監視し、不正プログラムの可能性がある処理を検知した場合には、不正プログラムの実行を防止するとともに、これを隔離する方式があり、攻撃にスクリプト等を使用するファイルレスマルウェアの対策としても効果が期待できる。

出典:https://www.nisc.go.jp/active/general/pdf/guide30.pdf

HOMEへ戻る